やあ☆(ゝω・)vキャピ
なんか気分的に再開したくなった。
昔はこんなのを毎日、4年ぐらい続けていたんだよなぁ…。

俺に叱られた息子が大泣きして家の物をぶん殴ったので、息子の頭をひっぱたいたら…

然るべきタイミングで、必要な加減の力で、そしてその後のフォローもしている、すごく良い父親だと思うんだけどね。
最近甥っ子を見ているのが凄く楽しくて、成長が嬉しくて、なんか自分も歳をとったなぁと思ったりするんだけど、
子供って本当に賢いんだよ、というか賢くなるのが大人が思っているよりずっと早いと言うか。
自分の望み通りにしたい時は媚びるし、場合によっては嘘をついたりもする。怒られるようなことをわざと試そうとすれば、
それを回避する為に言い訳をしたりする。

コメントにもちらほらあるけど、最近は「怒れない親」が多いように思う、公共の場所の利用を見ていてもね。
小さい子供には言葉で諭そう、なんてのは甘いし、それで理解して貰えるのは自我をもっと高いレベルで持てるようになってからだし、
社会においての善悪の概念を自分の価値観で捉えられる年齢からだろう。

「力の暴力の無い教育が理想」だとは思わない。だって言葉だって強い使い方をすれば人の心を傷つけるし、それが癒える為には相応の時間がいる。
体に傷をつけられるのとなんらかわらない。教育の上では、恐怖や悲しみ、言葉による傷、そして力による傷、それらが、
当人のトラウマや歪んだ感情を生まない程度に、正しい方に進む為に必要な量は与えられるべきでしょう、適度な我慢をさせながら。
それをすることで、子供は「痛み」を知り、それを他人に与えてはいけない「理性」を育むのだから。
「賢者は知識に学び、愚者は経験に学ぶ」とは言うが、今の世の中の価値観で考えれば幼い子供は例外なく「愚者」なんだよね。
なら「痛い事」は、経験しなければ本当の意味では学べない。
子育てに何が正解か、なんてことは無いとは思うけど、僕は親は子を「支配する」力が(過度に使ってはいけないが)あることを、
子供の感情ベースに理解させる必要はあると思っている。

ネトゲ依存症になって失ったものwwwwwwwww

今はドラクエ10を1年ほど、もしかしたらFF14も始めるかもしれない。
その前はTERAをやったりMHFやPSO2をやったり、その前はFF11もちまちまと遊んではいた。
そして思うのは、結局ネトゲも普通のゲームとかわらんわ、ってことかな。
リアルの人生(仕事、交遊、家事、他の趣味等々)に影響が出た試しがないよ。

ゲーム内での他プレイヤーとの付き合いの距離を自分で調整していたり、
がっつりアクティブな人と同じペースで遊ばないようにしているからかもしれないけど。
(そもそもオンゲ自体は好きだけど、ゲーム内交流が苦手なので、ソロで遊べないコンテンツは触れないし)。
何か脅迫的な感情をもった状態で遊ぶゲームがそんなに楽しいとは思わない。
競争する事や、より上に立つ事で優越感や、自分の存在価値を認知するということは否定はしないが。
強いて言えば、僕はその「他者と戦う場所」が、ゲームではないからなのかもしれない。

【悲報】日本の体感温度の暑さはアフリカ以上

夏っ子だからか昔から熱いのは得意で、エアコンとか本当に全然使わない。
寝苦しい?うーん、アイスノン枕にして保冷剤を腋とか首筋に置けばいいんじゃん。
汗をかく?人に会う時なら気を使うけど、家にいるだけならガンガンかいて風呂に入れば良いさ、さっぱりするよ。
代謝も進んで良い感じ。
夏バテ?それは冷たいもんとり過ぎて内蔵が弱ってるのよ。僕は夏も冬も常温の飲み物〜白湯が基本だよ。

とまぁ書いたけど、マジで日本の夏は暑い。ここ10年ぐらいで平均温度も上がっているんだっけ?
そしてそれ以上に、コンクリートジャングル化によるヒートアイランド現象。
森や林の減少で相対的に「涼しい」日陰も減るわで、こりゃあもう熱中症待った無しよ。

ちなみに僕は、エアコンとかあまり使わないからこそ熱中症にはかなり気を使ってます。
「喉が渇いた」となってからでは水分補給は既に遅いタイミング、自分で飲むタイミングと量はある程度決めている。
寝る前、起きた後、食中食後、などなど。
後は塩タブレットや梅干しね。ただの塩だけではダメ。ミネラルとクエン酸、少量のブドウ糖。
これらもバランスよく摂取できないとぶっ倒れるよ。

グルメ漫画多過ぎだろwwwww

最近特に増えたような気がするけど、こぞって「可愛い女の子がエロいリアクションをとる」みたいなやつばかりでつまわんわ。
むしろそこはどうでもいい。そんな表情やリアクションはエロゲや成年誌で十分なんよ。

友人に勧められた「だがしかし」はグルメ漫画とは少し違うかもしれないけど、女性キャラがあまり露骨ではなく(プロポーションは露骨)、
でもそこはかとなく妖艶な部分や健康的なエロスがあってよかった。

20代教員「日本が戦争に巻き込まれたら安倍さんは戦地に行きますか?」

メディアのヘイトからの影響もあるんだろうけど、安保に関する国民の理解と知識の程度がホント糞過ぎて悲しくなってしまう。
ここ、本当に先進国か?と。
まぁでも、代表である以上国民に「正しい形で正しい知識」を伝えて来れていないのは安倍さんの落ち度だよ、結果的にはそうなってしまうのよ。

政治的な話題に置いて「自分がどの立場にあるか」というのはあまり公に出さないようにしている。
ので、この件に関しても自分の立ち位置は明かしません。
この件に関して正しいのか、正しくないのか、と問われても「この部分は正しいと思うが、この部分は正しくないと思う」としか言えない。
ただ、歪曲した情報や知識、間違った形で覚えたこと、理解していないことがある状態を基準に主張するのは滑稽、
とだけ。

ピース又吉、『火花』が芥川賞受賞

読んでいないし、読む気もないので作品に対する評価は避ける(というかできない)。
そして、別に本職作家じゃない人が賞を取ることに対しても何とも思わない。
おっさんの趣味ギタリストでそこら辺のプロより上手くてセンスある人なんていくらでもいるんだぜ?
表に出る機会を得られなかった、あるいは避けているだけで。
そう言う人がたまたまいれば、こんなことだって十分起こりうる。

ただ、公平な基準と審査によってこういったノミネート作品が決められているとは僕は思わない。
なんでもそうだけど「話題性」は必要なもので、それを失ったら価値がなくなる事って世の中たくさんあるんだよ。
例えば芥川賞において、ノミネート作品が全て順当に評価されるものしかなかったら、
今回「芥川賞」はこんなに話題を集めていないでしょう?

仮にバレバレの出来レースがあったとしても、その「バレバレ」であること自体が話題を呼ぶ事もあったりする、
メディアが「これすごいでしょ!」てごり押ししたものは一般人は目もくれなくなったけど、
素人やアマチュアの後ろで、メディアが手を引いて全て仕込みだったのに、
あたかも「僕はみんなの応援のおかげでここに来れたよ!」風に動いているものには食いつくんだわ。

何が言いたいかって言うと、華やかな世界に置いて重要なのは話題性とヘイトであって、
「公平性」なんてどうでもいいんだよ、てこと。そこは時間が経ってみんなが飽きれば忘れ去られていく部分だから。
根っこの部分で「限りなくどうしようもないもの」が評価されることさえ避けられれば。
(要は多少仕込みがあっても、選ばれる事にそれなりの整合性があれば全てにおいて公平である必要はない)。
今はあまりメディアに出なくなったけど、某アーティストは「ネット自演」で話題を作って、
それが「大衆に評価されている」とメディアにピックアップされて売れたじゃないか。