Archive for the ‘雑記’ Category

やあ☆(ゝω・)vキャピ
月曜のメンズデーに見に行ってきました。

追記にて粗筋、それに対する疑問点と回答になります。
(一緒に行った人がずっと???状態だったので、ほぼそのための内容)
回答には自分なりの考察が含まれるので全部は正解じゃないと思います。
むしろ本編内で解説されずにごされている部分があるから確実な正解は誰にもわからないんだよね。
あと、これから見たいって人は絶対ネタバレは見ない方が良いですね。
TV版(あるいは前後編の知識がある上で)新編の知識は0%から見る事でむっちゃ感動できます。

Continue reading ‘魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語 感想 ネタバレ 考察’ »

やあ☆(ゝω・)vキャピ
唐突に始めてみようと思ったこのシリーズ、なんかブログのネタにならないかとね…。
僕はとにかくジャンル問わず何でも聞く反面、時期によって聞くものがポコポコ変わるので、
それをネタにしてみようかなと。
見た人が「このアーティストいいね」てなったらそれが幸いです。

・基本気分なので不定期
・あくまでその時聞いている音楽なので何度かやって行くうちに、被るアーティストが出てくるはず
・マニアックなものばかりとは限らない
・一度に5つ程度
・紹介は基本YouTube
・できるだけ偏らないようには善処します

以上、どぞ。

Continue reading ‘最近はこんなの聞いています1’ »

やあ☆(ゝω・)vキャピ
自由席で見れるようになったから早速見てきたよ。
前情報通り、完全に視聴者置いてきぼりの展開だ。
庵野監督…序と破のインタビューでは王道展開でエンターテイメントな映画にしたい、
(ファンが勝手にいろいろ考察始めたのは自分の責任だ的なことを)
言っていたのに、結局旧劇&TV版にオーバーラップさせるやり方になってやがる…。
宮崎駿との対談でオチを考え直すそぶりを見せていたけど、方向性を変えたのかしらね。
…初期の予告映像のシーンが全然ないしね…あの加地さんどこいったのよ?登山は…?

「人類ポカン計画」とかだれうま。
見に行く人は破で復習するよりTV版の20話〜24話で復習する方が楽しいかもね。
あと、一回目で内容をある程度理解したいなら「先にネタバレを見ておく」ことを推奨。
それを映像を見ながらトレースする方が、おそらく楽しいです。

とりあえず、僕はカヲルきゅんがホモで安心しました。

Continue reading ‘エヴァQ見たよ【ネタバレ注意】’ »

やあ☆(ゝω・)vキャピ
パニック障害が発症してから4ヶ月、体調にはムラがあり、薬は増えたり減ったりです。
自分でも、出来るだけ薬に頼らない民間療法が無いかと色々調べ、
食べ物や飲み物、生活習慣等気にして生きております。
そんな中、こんな記事を発見。
ベンゾジアゼピン離脱症状

僕が飲んでいる「ソラナックス」もこの「ベンゾジアゼピン」というマイナートランキライザーの一種です。
記事を要約すると

・ベンゾ系は、日本では気軽に処方されることが多いが、度々問題視されている
・ベンゾ系は本来長期に渡って服用するような薬ではなく、依存しやすく、離脱症状も出易い
・離脱症状に関して知識不足の医者が多く、離脱症状を「再発」と診断され堂々巡りになる場合が多い

ということ。で、もうちょっと色々調べてみると、
ベンゾジアゼピン系の離脱症状問題は他国でも起きていて、「2〜4週間以上に渡って処方してはいけない」という
ガイドラインが規定されているところも多いようです(イギリス、カナダ、ニュージーランド、スウェーデン等)。
まぁベンゾ系が規制されているところは、初期処方としてSSRI(抗鬱剤)を使う場合が多いようですが、
SSRIも色々問題があるようです、が、ここでは触れません。

検索すると…まぁ離脱に苦しんでいる人の記事が出てくる出てくる。
離脱症状は個人差があり、数年飲んでいてもすんなりやめられたという人も入れば、
3ヶ月程、少量の処方でも、その後薬から完全に抜け出すまで「地獄」を見たという人も。
長さも人それぞれで「数週間〜数年」というアバウトさ。
最初の数週間を乗り越え、大丈夫だと思ったら数ヶ月後、1年後に離脱症状が現れた、とか、
かなりの苦労を要する模様。
医者の中には意図的に「薬物依存」状態にして、
患者を絶やさないようにする(&薬を処方する事でお金を得ようとする)悪徳な所もあるようで。
抗不安・睡眠薬依存(1) 患者依存させ金もうけ!

幸い、僕が今通っているところの先生は、色々と調べていく事に対して嫌な顔をするような人ではなく、
こっちの意志を尊重する形で処方をしてくれるので、悪い先生ではないです。
(パニック障害の症状が胃腸の状態にリンクして現れることが多いと伝えたら「六君子湯」を処方してくれました)。
ソラナックスを処方された時も
「1日の総量が1mgを超えるのは好ましくない」「症状に合わせて自分で減薬も試みて下さい」
ということを言ってくれるので、薬を飲まない生活まで応援してくれているのは確かです。

でも4ヶ月…少量とはいえ、体が依存してしまう(可能性のある)期間に入ってきました。
今後、これを飲み続けていいか不安です。かといって、無いと苦しいことが多いので辛いですし。
ただ、この「無いと苦しい」という状態が、自分の体の問題がまだ解決していないのか、
解決しているのだけど、すでに薬依存を起こしてしまっていて、
離脱の症状によって起きているものなのかもわかりません。

長半減期型の「メイラックス」や「セルシン」に薬を変えて、中半減期型の「ソラナックス」は減らしていき断薬。
そして徐々に長半減期型の薬の量を減らしていくのが、離脱の苦しさは一番少ないようですが…。
あるいは、症状が細かく現れているようなら、それぞれに合わせた複数の薬を飲み、
抗不安薬の摂取を控える事で、結果的に離脱症状の苦しさを和らげつつ、断薬が出来る場合もあるようです。

また、僕が現在自制している「アルコール」「カフェイン」も、同じように神経に作用する成分なので、
ベンゾ系を投薬している、あるいは離脱の途中の状態である場合は、やはり摂取は控えた方がいいようです。
というとまぁ…順調に回復、断薬ができたとしても、あと向こう1年は両方とる事ができないかな、と…w

近いうちにまた診察にいくつもりですが、そのときに減薬、断薬について相談をしてみるつもりです。
最近健康だった頃の自分の体の状態を忘れてしまいました。
吐き気や胸の苦しさは日常的にあるので、それが普通になってきてしまっているのが悲しい。
せめて、仕事が無く、家で休んでいる事が出来るなら、多少の苦しさも薬を飲まずに我慢する事ができるのだけど。

やあ☆(ゝω・)vキャピ
最近ブログの更新もめっきりだし、告知系しか書いてなかったから、
ちゃんとプライベートことも書いていかなきゃね。

病気は良くなったり悪化したりを繰り返しています。
まぁ神経系だししょうがないんだろうなぁ、体が気候やら気圧やらにやたら敏感になってしまいました。
気長に付き合っていく気持ちで治療していきせう。
とにかくストレスは大敵、精神的にも肉体的にも、健康的な生活を心がけるのが第一歩です。
ちなみに大音量の環境は厳禁みたいですよ。どうしましょうねバンドマンやってるのにw
まぁリハに関しては耳栓したりして凌いではおります。

ただ、現状カフェインもアルコールもとる事ができなくて、飲み物がつまらなくてですね…。
水と麦茶だけじゃどうしても飽きる!大好きなコーヒーもお茶もお酒も飲めない!
ってことで、なんか飲めるものを探してたら、たんぽぽコーヒーを発見しました。

なんか女性が妊娠〜授乳期によく飲むもののようですが、僕は初耳でした。
たんぽぽの根っこを乾燥〜焙煎させたもので、コーヒーのように牛乳やお湯に溶かして飲むのが一般的なようです。
カフェインやその他刺激物は一切入っておらず、栄養豊富、腸内環境を整え、便秘や肌荒れに良いとかなんとか。
利尿作用もあり、肝臓にも優しいそうです。

ものは試しと通販で一番量の少ないものを買ったんですが、これが思いのほか美味しいのです。
香りはコーヒーとは違いますがこうばしく、ほのかな苦みもあり、コーヒーの代用として十分満足できます。
牛乳を入れてカフェオレにした時の味は、そこら辺のコーヒーで作ったものより上かもしれません。
ただ、ちょっと割高でコスパが悪いのが残念、あまり気軽に飲むのはちょっと躊躇するかな…。

こういった日常的に小さな楽しみを見つけるのも、回復のためには必要かと思っていたり。
制限がストレスになってしまっている部分は少なからずありますから(やっぱ酒飲みてー)。

やあ☆(ゝω・)vキャピ
黄金週間が終わってしまったよ…。
引越作業で全然休んだ気がしません、もう生活は出来る状態にはなっていますが、
機材周りと作業部屋がぐっちゃぐちゃだし、ネット回線も工事待ち。
ま、おいおいやっていくとしましょう。
5月頭に天気崩れたのが一番痛かった、一番引越が本格化したタイミングだったので、
そこでだいぶ遅れを取ったのです。

ちなみにM3は行けませんでしたが、次回はちゃんと参加したいです。
体調も、まだ薬は手放せませんが、順調に回復しております。

やあ☆(ゝω・)vキャピ
ひっさびさの更新ですね。
最近ブログを書くという習慣自体が無くなってきて(ry。
おおっと失言。

さて、実はワケあって実家を離れる事になりまして、今月22日から新居へ移ります。
全ての手続きが昨日(18日)に終わって、あと電気、ガス、水道の開通の連絡するぐらいかなぁ。
引越業者を使わないので、22日〜黄金週間含めて、ゆっくりモノを運びたいと思います。

それともう1つ、病気になってしまいました。
まぁ明確に発症したのは先月10日ぐらいなんだけど…。
超音波とか胃カメラとか、検査をやって異常が見られなかったので、
おそらく自律神経だろうなぁという感じです。実際安定剤で症状がわりと落ち着くので。
ちなみに経口胃カメラ初体験だったけど、むっちゃ辛かったよ。涙ちょちょぎれた。

この手の病気は人によって症状が異なる&治療の長さもマチマチらしいですが、
とりあえず僕は胃が気持ち悪いです、常に吐き気がある状態。あと動悸かな、酷いと呼吸が辛いです。
当時丁度土日を挟んで発症してしまい、病院が休みで行く事が出来ず、一度救急車で運ばれてしまいました。
(ちなみに7日のライブ直後、楽屋で一時的に呼吸困難になって倒れました。また救急車かと思ったw)。

安定剤で「気持ち悪さと動悸」は落ち着く場合が多いですが、吐き気はあまり消えません。
ただ、胃とか食道の機能は正常なので、実際戻したりすることはないのだけど。
食欲もありますが、消化の良いものを選んで食べるような感じです。
(胃もたれを起こすようだと、あとあと超絶辛いことになるので)。
ハンバーグとか焼き肉を見て「美味しそうだなぁ」と思いつつ、食べるのはうどんとかです。
カフェインは元々過敏体質でもあるので、現状一切取らず水か麦茶のみ、コーヒーと緑茶が恋しい。
当然大好きなアルコール類も飲めません。

あと、異常にこりやすくなりました、ちょうど胃の後ろかな?背中の辺り。
たぶん無意識にかばう姿勢になっているんでしょう。
モーラステープをよく貼っています。

生活のリズムを安定させるために、夜の11時過ぎぐらいには寝るようにして、
眠れない時は処方された睡眠薬を取るような形に。
安定剤は1日2錠まで、辛いときに飲むように言われていますが、昼→夜が基本パターンでしょうか。
それ以上増やすと、今度は止めるときに離脱症状に悩まされるそうです(すでに依存気味ですが)。

薬を入れていると大抵の場合は楽ですが、その上での好不調もあり、駄目な時は一日寝ています。
良い時でも、薬の効果でぼーっとしてしまうことが多いので、集中力低下&仕事効率がた落ちで、
音楽制作も捗らず、普段の仕事も会社に結構迷惑をかけているんじゃないでしょうか(実質給料泥棒状態)。
体の疲れが溜まると出てくる症状も酷い感じがしますね、
短時間で酷使しすぎないように自分で気をつけるしかないですが。
まだちょっと運転や遠出が怖いです。

僕はあまりストレスや疲労の自覚がない人間なので、
溜めすぎてしまったんだろうと先生やら周りの友人に言われました。
確かに去年の夏過ぎぐらいからずっと追われるような生活をしていた気はします。
また、発症1〜2ヶ月前ぐらいは、ずっと不眠症に悩まされ、
なぜか物事に集中したり、余暇があってもうまくスケジュールを組む事が出来ず、
やたらアルコールに弱くなって嫌な酔い方することもあって、
思い返してみたら変な状態が続いていたような気はします。

とりあえず今は例大祭のお仕事と、引越と、M3が残っているので、
曲を納期までにちゃんと書いて、引越も終わらせて、そこからはしばらく落ち着いた生活をしようかと思います。

M3に関してはまた別記事で報告をします。

やあ☆(ゝω・)vキャピ
年明け一発目がこのタイミングです。
もう何も言う事はあるまい。

年末年始にちょうど顎が半端無く痛くなり、当番院にかけこんだら顎関節症と診断されたり、
一昨日から風邪で死んでいたり、早々にひどい状態ですが今年も頑張ります。

やあ☆(ゝω・)vキャピ
ようやくライブが終わりました。
レコーディングから始めて、このライブのためにどれだけの時間を費やしたでしょうか。
細かい点をあげれば、企画者として、またいち演奏者としていたらない部分はまだまだありましたが、
イベント自体は成功したと言えるのではないのでしょうか。
もちろん、僕たちだけの力ではなく、今回参加して下さったバンドのみなさん、
サナッシュのスタッフのみなさん、そしてなにより、
ライブへ足を運んで下さったお客様の力があったからこそだと思っております。
本当にありがとうございました。
今以上にもっと良いライブが出来るよう、IZANAGIも前進し続けますので、
これからもよろしくお願いします。

…と、固い挨拶は最初に終わらせて、正直ビックリな熱気でしたw あれほどまでに盛り上がるとは。
久しぶりにスタートから尻上がりでお客さんが増えていったのを見た気がします。
自分たちを見てくれたというのももちろん嬉しいのですが、
イベントの途中で帰ってしまう人が比較的少なかったかなぁという印象があるんですね、
それがすごく嬉しかったです。
最初から最後まで、通して自分たちのイベントだからね。

僕はいくつかのバンドを経て、企画ライブは何度かやっているので
それ自体の感動というのはあまりありませんが、IZANAGIとしては初ですし、
これだけきっちり結果を残せたというのはとても良いことだと思います。
まぁ演奏面とか、スタッフとしての働きとか、
そういった面ではまだ勉強不足なところもあったかとは思いますが。
これを継続してやっていくことが重要ですね。

とりあえず満足してはいけないと。そこは打ち上げの段階でリセット、
もう次を考えていきましょう。

まず、僕は首を鍛えないとヘドバンで死んでしまうかもしれません。
今非常に痛いです。

やあ☆(ゝω・)vキャピ
「やべーわー、最近平均睡眠時間が2時間しかないからまじつれーわー」
と、ミサワ的に美味しいネタを振りたくなる状況ですが、
とりあえずIZANAGIのニューシングルのマスターアップが終わりました。

いやまぁなんていうか、ギリギリでしたなぁ…結局ミックスに費やした時間って3日ぐらいだろうか。
音が全部揃ったのがマスター〆切の2日前だからね。
それまでにある音だけでバランスを取ったりしていたので、一応作業は並行でやっていたのだけど、
なんだかんだ全部無いと詰めることはできないからね。
そしてその「詰め」が一番重要という…w

最後の最後まで悩んだのが音圧で、市販CD並みまでパッツンパッツンに持ち上げるかどうか迷いました。
波形がほとんどまで0dBまで持ち上げられてぶった切られるので、
いわゆる「海苔」の状態に見えるようになるわけですが、
僕は音楽業界の音圧競争はあまり好きく無くて。
他の音楽が大半パッツンパッツンだから、相対的にそうやっていかないとまずいな、
てところもあるんだろうけど。
素人的にもわかりやすいしね(ニコニコとか「とりあえず音圧稼いどけ」みたいなところあるよね)。
ロック系の音楽であればそこまで気にすることではないのかもしれないけど、僕は稼ぐことをやめました。
だもんでIZANAGIのCDは、他の一般のCDと比べるとちょっとだけ音が小さいかもしれません、ちょっとだけね。
ちなみにmp3にすると割れたりすることがあるようなので、
対策としてマスターを-0.1〜-0.2dBにすることがあるようです。
僕も今回そうしました。

まぁ稼ごうとするとそれだけミックス時のバランス調整もシビアになるので、言い訳にも聞こえるかもしれませんが、
とりあえず海苔にするだけだったらリミッター二段構えとかでも可能だし、トータルでコンプ強めにかけたり、
多少ミックス時のバランスが崩れてもいいなら、やりようはいくらでもあるんですねぇ。
マスタリングにも当然専門のエンジニアがいるわけなんですが、ミックスと同じようにほんとに奥が深い世界で…
凄い人は(聴覚上)音圧ちゃんと稼いでいるのにダイナミックレンジがあって、
どうやってんだこれ?ってのもたくさんあります。

クラシックやジャズなんかじゃ、もう海苔なんて御法度みたいなもんだけど、
ハードなジャンルにもやっぱそれなりに抑揚や表情ってあるもんでさ。

あとディレクション絡み、一人でやるのと違って大変だなぁやっぱ。
録りの段階からある程度完成系をイメージしなければならないし、
どうすればメンバーの特徴を生かせるか考えながら作っていかなければならないので。
「こうした方がかっこいいから」て弄りまくったとして、結果クオリティが高くても
誰が演奏したって同じじゃん、て音になっていたとしたら、
それは「そのバンドの音源」として考えたら失敗じゃないかな、と僕は考えていたり。
その上で、全員に良いと思ってもらえる音にしていかなければいけないので。
今回ちょっと弄りすぎるのが怖くて、各音がシンプル過ぎたかなという感はちょっとあります。
録り音で感じたそれぞれの癖を結構尊重したので。

まぁとりあえず…形が整い次第公式でもCDの情報載せますし、
今回のCDは12月17日のIZANAGI企画「「旋風 ~Infiniteloop ∞~」で手に取って頂くことが可能です。
自分の力量に不満がないわけではないけど、良い出来になっていると自負しております。ぜひ、お楽しみに。