【レビュー】東方幻想魔録WのSwitch版が配信されていたからつい書いてしまった話

ゲーム

Vita版の阿鼻叫喚を見てから公式の情報をずっとスルーしていたので配信されていたのを知りませんでした(というか前作の東方蒼神縁起Vも配信開始していたのね)。PC版で散々遊び尽くしたわけですが、追加要素や変更要素もあるということで、この際だからゲーム自体の評価も兼ねて書いてみようと思います。なお、移植元であるPC版との比較も多少していきます。

前提知識として欲しいもの「東方について」

このゲームは「上海アリス幻楽団」が頒布しているPC版シューティングゲームの二次創作ゲームです。登場キャラクターの性格や相関図的なものはこのゲーム内ではわからない上、それ前提の掛け合いが多くあります。ただこのゲームはその辺り全然わからなくても、そもそものストーリーが単純でキャラクター同士の掛け合い的も加入時、イベント時の最低限しかありませんから殆どの気にしなくても良いとは思います。

同様にBGMやマップ、世界観も全部原作準拠なので、それらが肌に合わない、二次創作嫌いです、て人は手を出さない方が良いですね。

前提知識として欲しいもの「苺坊主について」

東方の二次創作RPGを出している同人サークルです、法人ではありませんので、一般タイトルみたいな手厚いサポートも無いですし、内容的にも「金かけてるな〜」的な部分はありません、所謂インディークオリティってやつです。

また、ここのスタッフはざっくり言えば「はちみつくまさん(はちくま)」の人たちで、東方のRPG(冥異伝)や、Airの二次創作RPG等を作ってきた割と老舗サークルです。注意としては、むちゃくちゃ癖があり、高難易度で複雑なシステムを採用したゲーム性が特徴なので、「戦闘狂」な人でないと面白くないと思います。逆に「世界樹の迷宮」「女神転生」「ロマサガ」とかにピンッ!とくる層は相性が良いかと思われます。あと、オリキャラをガンガン登場させてくるところでもあるので、原作の雰囲気を壊して欲しくない、原作以外のキャラを受け付けない、という人もスルー推奨です。

良いところ

SFC世代に気持ちのよいグラフィック

アニメーションこそ少ないものの、ドット絵で描かれたグラフィックは懐かしい気持にさせられます。マップや戦闘画面とかも基本は昔っぽい感じで、当時のFFとか好きな人はきっと好むでしょう。クラシカルなJRPG一直線です。

可愛いキャラクター絵

ちょっとロリロリ過ぎな気もしますが、フンワリした印象で可愛いです。苺坊主の東方三部作の中では一番好きなタッチですかね。欲を言えば式神キャラ(東方のみ)も全部立ち絵欲しかったですが、まぁ労力半端ないですからね、しょうがない。

いかにもゲーム「らしい」BGM群

基本原作のアレンジで、フィールド用、戦闘用とそれぞれ原作イメージを壊さずゲームの使い方に合ったアレンジをしていてとても良いと思います。…それ以外特に言う事はないですけど。

全滅ペナルティなしで戦闘後はHP全回復

基本雑魚敵にも気を抜いたら簡単に全滅するバランスで、戦闘後はHP全回復(死亡含め)、全滅のペナルティ無しと、ガンガン戦ってガンガン死んで、育成しながら攻略法見つけてね、的な感じです。

スキル系が豊富で自由度が高い

移植元は技の「閃き」等ロマサガに近い雰囲気がありましたが、Wになってそれが撤廃され武器の熟練度によって確実に覚えるようになりました、スキルは一定の条件を満たすと「極意」を習得し、それによって上昇補正が入ります。また、各キャラクター毎固有の強力なスキルであるスペルカードシステムや、ランダムで発動条件を満たすラストワードが実装され、プレイフィールが一つ前の作品である東方蒼神縁起に近くなっています。

式神システムでガラッと個性が変わる

魔法的なものはありませんが、式神というシステムでキャラに3体まで装備でき、その式神が覚えたスキルを使えるようになります。式神のステータスや耐性、補正もキャラに反映されるので、敵やボスに合わせて色々な式神を付け替える戦略性があります。また、その式神も進行上仲間になるものの他、途中から敵モンスターを式神として使役できますし、Wからの追加要素としてキャラ自体を式神化することができるようになりました。PTは5人までしか入れられないので、あぶれたキャラを利用できる良いシステムです。主人として扱うと頼りないけど式神にすると強い、的なキャラもいますしね。

またモンスターの式神化は完全に運ですが、移植元より確率が上がっていて、また一定数倒せば必ず仲間になるので、ドラクエVではぐれメタルやヘルバトラーに泣かされた人も安心ですよ。

陣形で攻略難易度が大きく変化

陣形は前衛、中衛、後衛とキャラを配置することができ、それぞれに対して様々な補正が働きます。例えばタンクができるキャラに耐性と防御力をモリモリにして前衛に置きタゲ率アップの陣形を組めば、勝てなかった相手にほぼ無傷で勝利、なんてぐらい極端な変化が表れたりします。雑魚戦は全体攻撃ができるスキル持ちに速度バフのある陣形を組んで即殺、みたいなのも重要ですね。

UIがわかりやすく

これは移植元(PC版)との比較になりますが、かなり洗練されて見やすくなりました。Wで初めてプレイする、て場合でも特別「わかりづらいなぁ」と思うところは少ないと思いますよ。昔よりだいぶユーザーフレンドリーになってきています。

初心者向けの救済措置あり

様々な部分で仕様の変更がされていて、根本的に移植元よりも難易度は下がっているのですが、一番大きいのはEasy(美鈴スタート)でのアクセサリでしょう。効果が「PT被ダメ半分・与ダメ2倍」という強さ。ちなみにこれ装備していてもその辺のRPGよりずっと難しいです。苺坊主のRPGに慣れていない人が「Easyなんてダッセーよな!」て感覚で美鈴以外を選ぶと詰み必至なので、最初は大人しく美鈴選びましょう、慣れたら途中で装備を外せばいいだけです。とまぁ、実際のところ攻略Wikiが充実しているので、それをトレースすればどの難易度でもクリアは出来るとは思いますが、難しい難易度でWiki前提より、簡単な難易度で自分で攻略法を見つける方が楽しいゲームだとは思いますよ。

賛否両論

基本は宝箱、ドロップ装備(素材)、合成

このゲームは買い物はありません、装備に関してはレシピを手に入れ素材から作るか、モンスターから直接ドロップを狙う形になります。特にモンスタードロップはそれぞれにレアドロップ枠が設けてあり、コレクション的な収集欲は勿論、適正レベル帯で手に入れば大体強力な装備なので攻略上も大きな助けになります。また、各武器毎に覚えるスキルが割り振られているのもあり、装備収集はかなり重要なファクターを担っています。

ただ、RPGとなるとお金稼ぎやお店が欲しい、て層はあるでしょうね。流石にそこはコンセプト的な違いという事で。装備についた欲しいスキルのため、あるいは作りたい装備のためドロップを狙い、延々と戦闘を…ということもあるので、それが嫌な人にはストレスでしょう。ハクスラ好きはどうぞどうぞ。

複雑な耐性パズル

物理に3種類、属性は6+α、そして耐性は物理、属性以外にも状態異常関係も含め200%まで変動します。ダメージ計算式上、レベルやステータスパラメータより如何に耐性を稼ぐか、弱点を付くかが大切で、無耐性だと一撃で死んでしまう攻撃でも耐性を積めばダメージ一桁になる、て状況はザラです。これを考えるのが楽しいわけですが、それが苦痛な人には合わないでしょうね。

フィールドシステム

同じ属性の攻撃をし続けていると、その属性に戦闘フィールドが偏っていきます。相手が火に弱いならひたすら火属性の攻撃をしていけば自ずと偏っていきますね。その属性の火力が上がる他、敵の中にはそれによって行動を抑制したり、あるいは特殊行動のトリガーになったりすることがあります。また、会心の一撃が発生しやすくなる、盾の防御確率が上がる、等の特殊なフィールドを貼ることもでき、中でも逃走不可フィールドはメタルスライム的なモンスターを倒すためにはほぼ必須になってきたりしますね。

ボスの中にはスキルで一気に自分に有利な属性にフィールドを傾けたりしてきますが、それに対して「こちらも対極属性に傾けるスキルを使う」「フィールドは諦めてそれに対する耐性値を稼ぐ」「そもそも状態異常を入れて弱体化させてしまえ」等、戦略の1つとして組み込める面白さがあります。

これ自体はなかなか面白いシステムなのですが、特に属性フィールドは基本押されれば押されるほど、逆に押せば押すほどそちらが有利になるので、挽回が難しくなったり、逆に終始圧倒できてしまったりと戦闘がピーキーになりがちです。押して押されてで拮坑している状態は楽しいのですけどね。

一部運ゲー

このボスは強力な攻撃をしてきて一度でも出されたら立て直しが難しいぞ。でも状態異常を入れておけば防げるぞ→当然100%効くわけじゃないからね

乱暴に言えばこんな感じ。これがまだ戦闘後半(敵が瀕死時やフィールド属性が偏った時等)であれば、それまでに異常を付与したり、バフデバフで耐え切ったり、あるいは発動ラインギリギリまで削った後、高火力で一気に決着をつけるとかできるのですが、開幕技とかだったりすると、戦闘開始→とりあえず異常を入れる→入らなかったら再出撃の方が楽、みたいな、運頼りの攻略法になったりすることがあります。

特に進行途中のボス群は、経験値補正によって稼ぎが難しいこのゲームではほぼ適正レベルで挑む他、割とギリギリの戦いを強いられるので、確率付与の状態異常や相手の行動デレに期待してリトライする場面が多くなります。

あとはボス以上に雑魚戦ですね、敵の組み合わせによって絶望的な状況になる場合があります。適正レベルで進んでいると大体敵の方が行動が速かったりするので、速度補正装備や補助スキル、陣形でできるだけ先制して、厄介な敵を即殺or無効化する、みたいな戦法が基本になるのですが、それが通用しない、しにくい組み合わせというもの当然あります。楽々進んでいたら意味不明なほどあっさり全滅したりすることもザラです。

というか、ボスは強力な分意図的に抑制できるよう耐性が設定されている気がしますが、雑魚はその限りではない気がしますね。

攻撃力が高くてやばいから開幕スタンさせよう→はい効きませ〜ん(Regist)

全体に高確率の異常をバラまいてくるから速度をあげて即殺しよう→残念それより全然速いから運か耐性で耐えてね

とまぁ、こんな感じ。

前作の東方蒼神縁起は更に難易度が高いのですが、その分パズル的というか、きちんと解法にはめればほぼ安全に進めるというゲームでした(言い換えると行動デレに期待して運勝ちできる要素も薄い)。今作は難易度的には低くなり、RPG的な遊びの要素の幅が多いのですが、その分(勝つにも負けるにも)運でどうにかなってしまう、という状況が度々起こりえます。

悪いところ

マスクデータの多さ

基本数値や耐性を確認するこのゲームにおいてマスクデータがあるのはきついです、まず敵の耐性がわからないですしね。状態異常が効く場合でもじゃあ何%なの?ていう正確なデータが無く、有志の検証データに頼る形に。他にも、武器の技の習得適正にもキャラ毎に得意不得意があるようで、その辺りはゲーム内では一切の情報がありません、アビリティレベルに対してのスキル倍率もあるようなのですが見えないデータなので不明。極意習得に必要な条件もわかりません。

ゲーム内の説明、表記が不十分

「耐性☆」て書いてあって、それが具体的に何%なのかわかります?わからないですよね?そういうことです。基本外部攻略サイトや情報に頼ることになります。一切を遮断して遊ぶこともできますが、かなりマゾイでしょうね(美鈴スタートならそれぐらいがちょうど良いかも)。ボス等の攻略法は自分で編み出したい、という人も、せめて装備毎の具体的な効果や耐性、敵のドロップ情報、式神取得率等は調べないとハゲると思いますよ。

処理が重い、バグ多い、入力受付不可フレーム有り

フィールドのイベントシーン等が30fpsで動いていますね。このゲーム、そんなにスペック要求する処理をしているとは思えないのですが…まぁUnity製というのもあって、どうしても最適化が難しいのかもしれないですね。Vita版は元のハードスペックとUnityとの相性の関係でエラー落ち等阿鼻叫喚でした(しかもサポート遅い)。

また、基本的に細かなバグも多めです。パッチによって修正しました!と公式が言っているバグがパッチ適用後も発生したりと対応も割と雑。

メニューUIや戦闘UIのfpsが低く、操作入力を受け付けないタイミングがあります。これも結構地味なストレス要因。

要は「開発力低いな」て事です、PC版は問題が無いサークルなので、CS移植の際の最適化が不十分なのでしょう。あくまで同人ですし、私自身がゲーム関係の開発を長く経験しているわけではないので厳しいことは言いたくはないですけどね。とは言え、もっと重い処理をしているCS移植の同人、インディーゲームがある現状ではちょっと気になるレベルであります。流石に開発規模が全然違うアクアスタイルとかと比べちゃうと酷ではありますが。

エリアボスの存在

これいる?

移植元には無かった要素です。このゲームは一度出入りしたフィールドはいつでも全体マップから飛べますが、このエリアボスがいる場所は出入りができません。一応救済措置なのか、全体マップから「出る」ことだけはできるので、要は倒さないとそのエリアから行ける新しいエリアに到達できませんよ、て制限になっているわけです。

んで、このエリアボスは基本このゲームの戦闘チュートリアル的な役割を持っています。極端な攻撃手段や耐性を持っていて、適正な行動、戦略を取れば勝てるけど、行き当たりばったりだとどうにもならん、的な感じに調整されているのです。

が、基本強い。エリアボス無視してストーリー進めて進行上のボス倒している方が楽ってぐらいには。チュートリアル的な面は良い要素だと思うのですが、もうちょっと弱めでも良いんじゃないかと思いますよ。というより、雑魚敵やストーリーボスがほぼチュートリアル的な役割持っているので、わざわざ強い固定敵配置して移動制限までする必要は無いんじゃないかな…。

総評

ここまで読んで来た人にはわかると思いますが、本当に「戦闘要素に全振り」のゲームです。そこにスパイスとしてハクスラやキャラ育成の面白さが足されている感じですね。

グラフィックは昨今のゲームとしてはチープ、良く言えば昔っぽい。ストーリーが取ってつけたレベル。難易度がとにかく高い。最適化の関係か操作面でのストレスを感じるところがしばしば。そもそも二次創作じゃねーか!ってところで人を選びまくるわけですが、色々と考え試行錯誤して、がっつりその戦略がハマった時の楽しさが素晴らしい。

「最近骨太なRPGがないんだよな」て思っているそこの人、価格もお手頃なので遊んでみませんか?東方二次創作ではありますが、そもそもこのサークルは昔から「自分たちの作りたいゲームに原作のガワを被せているだけ」というところなので、明確に「東方嫌い」「二次創作嫌い」、そして逆に「東方愛しています!」という人でなければ受け入れるのにそこまで時間は要さないと思います。苺坊主の中では間違いなく一番簡単なRPGなので入門用としても。

ちなみにVita版だけは絶対に避けましょう。買うならPS4かSwitchで。